営業 インタビュー

営業 金濱 諒 KANEHAMA RYO 2018年入社

お客様のニーズに合わせて
喜んでいただけるお車をご提案

実践で覚えていった営業の仕事

学生時代は特段やりたい仕事というのはなかったのですが、コーヒー店でアルバイトをしていて、接客も楽しいなと思っていました。もっと大きい金額の商品も扱ってみたいという気持ちがあったところで、Honda Cars 岩手中央のスタッフの方からお誘いを受けたのが入社のきっかけです。
入社したあとは半年間の研修があって、9月から店舗に配属になりました。研修後、すぐ営業活動をすることになったのですが、まだなにも分からない状態からのスタートで、すごく大変でした。すぐにご契約していただくことはできたのですが、ご契約をしていただいてそこで終わりではなく、納車までいろいろやらなければいけないことがあり、何をどうしたらいいのか、先輩に教えてもらいながら必死に覚えました。

営業 インタビュー01

「納車して数カ月後」に喜んでもらえるように

買っていただいたお車をお客様に喜んでいただけると嬉しいですね。納車直後もそうですが、実際に乗って数カ月後の、半年点検のときに「やっぱりいいね」と言ってもらえると、特に嬉しいです。お客様の考えている使い方、ご要望をいろいろ聞いてご提案したものなので、気に入っていただけると本当によかったなと思います。
私がいま皆さんに乗ってほしいおすすめの車は、N-BOXです。私自身、学生時代はずっとN-BOXに乗っていました。荷物を積んで、友達と海にも山にも行って…趣味にも通勤にも、使い勝手は最高です。最近は結婚して子供もできたので、ステップワゴンを買いました。これからどんどん使っていこうと思っています。

営業 インタビュー02

職場の雰囲気は良好。元気があれば大丈夫!

営業、接客はコミュニケーションが大事と言われますが、「ポイントを絞って聞く」ことができれば、大丈夫です。お客様のお話を聞きながら、自分と共通点がないか気にしています。その点、先輩たちはやっぱり話題が豊富で、普段雑談をするだけでも勉強になります。皆さん優しいのですぐ打ち解けられましたし、職種にかかわらず、いろいろ教えていただいたりしています。自分自身も先輩たちにお願いされたことは、なにがなんでもやらなければ、という気持ちになります。
いま就職活動をしている皆さんは、いろいろあって本当に大変だと思います。やりたい仕事を見つけて、もしそうではなくても入社して実際にやってみたら変わることもあるので、目先のことだけでなく将来のことも考えることが大事です。あとはやっぱり「元気」。お客様や上司の目を見て話せる、そういうことがしっかりできて、元気があれば続けられます。簡単に心折れずに、頑張ってほしいですね。

営業 インタビュー03
ページトップへ