Honda Cars 岩手中央 ロゴ Honda Cars 岩手中央 ホームページ

お問い合わせ お問合せ
展示・試乗車 展示試乗車
営業案内 営業案内

店舗へのお問い合わせ

展示・試乗車を見る

車種から探す

店舗から探す

営業日カレンダー

Calendar Loading
  • 火・水曜日定休

ニュース&トピックス

「CR-V」をマイナーモデルチェンジし発売 2020.06.18

カテゴリー:車情報

Hondaは、世界中のお客様からご好評をいただいているロングセラーSUV、「CR-V」の日本市場向けモデルを一部改良し、6月19日(金)に発売します。

CR-Vは、セダンを思わせる上質な乗り心地と、多様な路面状況に対応する力強い走りを併せ持つSUVとして、1995年に発売されました。2018年8月に行ったフルモデルチェンジでは、7人乗りの3列シート仕様を設定したガソリンモデルのほか、CR-Vとしては初めてとなるハイブリッドモデルをラインアップに加えて発売。お客様の生活スタイルや好み、求める性能などに合わせて、さまざまなニーズに対応できるグレード構成で、幅広い層のお客様にご好評をいただいています。

今回のマイナーモデルチェンジでは、広々とした室内空間や走りの良さはそのままに、お客様からご要望の多かったシーケンシャルターンシグナルランプや、ステアリングヒーターなどの上級装備を標準装備としたほか、これまでのカラーバリエーションを見直し、3つのカラーを新色として設定しました。

さらに、CR-Vの新たな個性として、さまざまな専用加飾を施し、SUVの持つ力強いイメージをより強調した「BLACK EDITION」を最上級グレードに追加します。

ハイブリッドモデルは、2モーターハイブリッドシステムの名称を「e:HEV(イーエイチイーブイ)」※1に変更します。

※1 e:HEV(イー エイチイーブイ)は、Hondaの電動化コア技術である高効率・低燃費な2モーターハイブリッドシステムのグローバルコミュニケーション名称。

<CR-V 公式サイト>
https://www.honda.co.jp/CR-V/

詳しくは、Honda Cars 岩手中央 までお問い合わせください。

「INSIGHT」をマイナーモデルチェンジし発売 2020.05.29

カテゴリー:車情報

Hondaは、ハイブリッド車「INSIGHT(インサイト)」をマイナーモデルチェンジし、本日発売いたします。

「シンプルで時代に流されない、本質的な魅力を備えたクルマ」を目指し開発した3代目インサイトは、2018年12月の発売以来、シンプルかつ魅力的なロー&ワイドなデザインや、1.5L e:HEV(イーエイチイーブイ)※がもたらす力強い走りといったクルマの本質を捉えた魅力に加え、ハイブリッド車であることを感じさせない居住空間、また容量519Lのトランクルームといった使い勝手においても、お客さまよりご好評をいただいております。

今回のマイナーモデルチェンジでは、これまでのデザインや走り、使い勝手の良さはそのままに、上質感を一層高めた新グレードの追加や専用装備の設定など、時代に流されないこだわりを持ったお客さまがライフスタイルに合わせてお選びいただけるよう、ラインアップの幅を広げました。

※ e:HEV(イー エイチイーブイ)は、電動化コア技術である高効率・低燃費な2モーターハイブリッドシステムのグローバル統一呼称。
“e:”に込められた意味 electric(電気)をenergy(原動力)にして、みんなの笑顔と元気を力強くenergize(活気づける)していく

主な変更点
1:EXに新グレード「EX・PRIME STYLE」を追加
アイボリー基調の内装で華やかさを強調し、エクステリアはトランクスポイラーレストランクリッドのスタイルで、より引き締まったスタイリングを表現しています。
<専用装備>
・アイボリー×グリーン コンビシート(本革※×ウルトラスエード)
・専用インテリア(アイボリー)
・専用フロントグリル(ダーククロームメッキ)
・専用リアバンパーロアーガーニッシュ(ダーククロームメッキ)
・17インチ アルミホイール(アルミ切削+グレークリア塗装)
※フロントシート側面・背面、ヘッドレスト側面・底面、リアシートのヘッドレスト、中央席などには合成皮革を使用しています。

2:上級グレード「EX・BLACK STYLE」の専用装備を進化
・専用装備であるアルミホイールを17インチから18インチにアップ
・ステンレス製スポーツペダルの適用によりスポーティーさを際立たせました
・プレミアムクリスタルブルー・メタリック/プレミアムクリスタルレッド・メタリックにおいては、インテリア加飾にエクステリアカラーに合わせたステッチカラーを設定し質感を向上させています。

<INSIGHT 公式サイト>
https://www.honda.co.jp/INSIGHT/

詳しくは、Honda Cars 岩手中央 までお問い合わせください。

「FREED Modulo X」をマイナーモデルチェンジして発売 2020.05.28

カテゴリー:車情報

Hondaは、専用のカスタマイズパーツ※1を量産工程で装着し、販売するコンプリートカーブランド「Modulo X(モデューロ エックス)」シリーズの「FREED Modulo X(フリード モデューロ エックス)」をマイナーモデルチェンジして、5月29日(金)に発売します。

今回のマイナーモデルチェンジでは、熟練のエンジニアによる人の感覚を大切にした開発をさらに追求することで、従来ご好評をいただいている上質でスポーティーな走りを、さらに深化させました。
エクステリアでは、新設計の専用フロントエアロバンパーや専用フロントグリル、専用LEDフォグライトで存在感を演出。
インテリアでは、シート表皮をプライムスムース×スエード調のコンビシートにすることで質感の向上とともに体の滑りを抑制。ブラック基調のインテリアカラーと合わせて特別感を演出しています。
また“実効空力※2デバイス”である3つのエアロフィン※3を設けることで、走行性能の向上を追求。Modulo Xシリーズの特長である、上質でスポーティーな乗り味を磨き上げることでドライバーには爽快な走りを、同乗者にも快適な乗り心地の提供を目指しました。

居住性と使い勝手の良さを兼ね備えたフリードならではの「ちょうどいい」に、「走る喜び」をプラスすることで、より一層魅力を高めました。

なお、フリード Modulo Xの魅力を紹介したサイトは以下の通りです。
https://www.honda.co.jp/FREED/modulox/

※1 パーツは、Honda純正アクセサリーメーカーの(株)ホンダアクセスが開発
※2 “実効空力”は日常の速度域でも体感できる空力効果のことで、Modulo Xシリーズの開発キーワードとして掲げています
※3 バンパー側面には旋回性の向上を狙った“エアロフィン”、下面には直進安定性向上を狙った“エアロスロープ”と乗り心地の向上を狙った“エアロボトムフィン”が設置されています

【FREED Modulo X主要装備】
<エクステリア>
○専用フロントグリル
○専用フロントエアロバンパー
○専用サスペンション
○専用15インチアルミホイール
○専用サイドロアースカート
○専用リアロアースカート
○専用LEDフォグライト
○専用フロントビームライト
○専用リアエンブレム(Modulo X)
○専用ドアミラー(クリスタルブラック・パール)など

<インテリア>
○専用ブラック コンビシート
(プライムスムース×スエード調/Modulo Xロゴ入り)
○専用本革巻ステアリングホイール
(ディンプルレザー&スムースレザー/ピアノブラック調)
○専用フロアカーペットマット
(プレミアムタイプ/Modulo Xアルミ製エンブレム付)など

詳しくは、Honda Cars 岩手中央 までお問い合わせください。

営業時間短縮および感染症防止対応のご案内 2020.05.01

カテゴリー:お知らせ

<営業時間短縮のお知らせ>
新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、
営業時間を下記の通り変更させていただきます。

10:00〜18:00 上堂店・高松店・仙北南店・水沢店
9:30〜18:00 西根店・二戸西店・釜石店・U-Select宮古

また、5月から上堂店、高松店、仙北南店、水沢店の定休日が
毎週火・水曜日に変わりました。

今後の状況や店舗により、上記内容を変更する場合がございます。
(詳細はブログをご覧ください)


<新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う対応について>
営業にあたっては、下記のことを徹底しております。


・全社員のこまめなアルコール消毒、手洗い
・毎朝および商談ごとの店内のアルコール消毒
・来店されたお客様へのアルコール消毒のお願い
・全社員のマスク着用
・毎朝の全社員の体調チェック
・定期的な換気の実施


感染拡大防止のため、来店されるお客さまにもご協力いただくことがございますが
お客様の安全・健康を最優先に考えての各措置となります。


お客様にはご不便をおかけいたしますが、
何卒ご理解ご協力いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

「N-BOX」シリーズが2019年度 新車販売台数 第1位を獲得 2020.04.06

カテゴリー:車情報

〜3年連続 年度 新車販売台数首位獲得〜

Hondaの軽乗用車「N-BOX(エヌボックス)」シリーズ※1の2019年度(2019年4月〜2020年3月)における販売台数が247,707台※2となり、登録車を含む新車販売台数において第1位※3を獲得しました。新車販売台数においては3年連続、軽四輪車新車販売台数においては5年連続の首位獲得となります。
N-BOXは、軽乗用車最大級※4の室内空間や存在感のあるデザインに加え、全タイプに標準装備※5とした先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」や、優れた走行性能・燃費性能などで多くのお客様よりご好評をいただいています。

※1 N-BOX、N-BOX +(2017年8月販売終了)、N-BOX SLASH(2020年2月販売終了)
※2 一般社団法人 全国軽自動車協会連合会(全軽自協)調べ
※3 一般社団法人 日本自動車販売協会連合会および全軽自協調べ
※4 2019年10月時点。室内三寸法(室内長、室内幅、室内高)に基づく。Honda調べ
※5 一部のタイプではHonda SENSINGを装備しない仕様も選択可。「Honda SENSINGの各機能の能力(認識能力・制御能力)」には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。
詳細はホームページをご参照ください。 https://www.honda.co.jp/hondasensing/

詳しくは、Honda Cars 岩手中央 までお問い合わせください。

「VEZEL」が2019年暦年 SUV新車販売台数 第1位を獲得 2020.01.09

カテゴリー:車情報

HondaのSUV「VEZEL(ヴェゼル)」の2019年暦年(2019年1月〜12月)における販売台数が55,886台※1となり、SUV新車販売台数※2で第1位を獲得しました。

VEZELは、2013年12月にSUVの力強さ、クーペのあでやかさ、ミニバン並みの使い勝手など、ジャンルの枠を超えた価値を高次元で融合したクルマとして誕生。2018年2月のマイナーモデルチェンジでは、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を標準装備※3しました。2019年1月には1.5L VTEC TURBOエンジン搭載の「VEZEL TOURING(ヴェゼル ツーリング)」を追加し、同年11月には「VEZEL TOURING Modulo X(ヴェゼル ツーリング モデューロ エックス)」、「VEZEL HYBRID Modulo X(ヴェゼル ハイブリッド モデューロ エックス)」を追加設定し、より多くのお客様の期待にお応えするために、VEZEL独自の商品力を強化し続けてきました。

グローバルモデルであるVEZELは、2013年の発売から全世界で累計約327万台※4(内、日本では累計約42万台※5)を販売。洗練されたデザインや広い荷室、室内空間で、世界中の幅広い層のお客様からご支持をいただいております。

※1 一般社団法人 日本自動車販売協会連合会(自販連)調べ
※2 自販連が区分するSUV(ジープ型の四輪駆動車でワゴンとバン・トラックを含む<一部2WDを含む>)の国産車
※3 一部のタイプではHonda SENSINGを装備しない仕様も選択可。Honda SENSINGの各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。
詳細はホームページをご参照ください https://www.honda.co.jp/hondasensing/
※4 2013年12月〜2019年11月時点。VEZELシリーズ(VEZEL、HR-V、XR-V)累計販売台数:3,276,069台
内、日本国内は420,310台 Honda調べ
※5 一般社団法人 日本自動車販売協会連合会(自販連)調べ(2013年12月〜2019年11月)

詳しくは、Honda Cars 岩手中央 までお問い合わせください。

「N」シリーズの累計販売台数が250万台を突破 2019.12.09

カテゴリー:車情報

Hondaの軽乗用車「N」シリーズ※1の累計販売台数が、2019年11月末時点で250万台を突破しました。2011年12月に第1弾モデル「N-BOX(エヌボックス)」を発売して以来、96ヵ月目での記録達成となります。

「N」シリーズ※1は、N-BOX、N-BOX SLASH(エヌボックス スラッシュ)、N-ONE(エヌワン)、N-WGN(エヌワゴン)、N-VAN(エヌバン)をラインアップし、Honda独創のセンタータンクレイアウトを活かした高効率なパッケージングにより、広い室内空間と多彩な使い勝手を実現しています。また、充実した安全装備・快適装備、力強い走りなどにより、多くのお客様からご支持をいただいています。
2017年9月にフルモデルチェンジした2代目となるN-BOXは、プラットフォーム、パワートレインを刷新し、走行性能・燃費性能を進化させました。また全タイプに標準装備※2とした先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」にもご好評をいただいています。
N-BOXのプラットフォームを最大限に活用し、2018年7月には「N」シリーズの新たなモデルとしてN-VANを、2019年8月にはフルモデルチェンジしたN-WGNを発売。N-VANはさまざまな仕事での使いやすさを、N-WGNは誰もが心地よく使える親しみやすいクルマとなることを追求しました。

今後も「N」シリーズは、さまざまなライフスタイルに合わせてお選びいただけるラインアップをそろえ、“Nのある豊かな生活”を提供していきます。

「N」シリーズ webサイトのURLは以下の通りです。
https://www.honda.co.jp/N/

※1 N-BOX +(エヌボックス プラス)は2017年8月に販売終了
※2 一部のタイプではHonda SENSINGを装備しない仕様も選択可。Honda SENSINGの各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。
詳細はホームページをご参照ください https://www.honda.co.jp/hondasensing/

詳しくは、Honda Cars 岩手中央 までお問い合わせください。

ページトップへ